top of page

認知症になっても自分らしく暮らし続けられる「共生」社会の実現を目指す経済産業省の取組「オレンジイノベーション・プロジェクト」の実践企業に採択

株式会社CogSmartは経済産業省が推進している「オレンジイノベーション・プロジェクト」の実践企業に採択されました。




■オレンジイノベーション・プロジェクトとは

オレンジイノベーション・プロジェクトでは、認知症になっても自分らしく暮らし続けられる「共生」社会の実現を目指し、認知症の人が主体的に企業や社会等と関わり、認知症当事者の真のニーズをとらえた製品・サービスの開発を行う「当事者参画型開発」の普及と、その持続的な仕組みの実現に向けた取組を推進しています。

「認知症当事者とつくる、誰もが生きやすい社会」に向けて、認知症当事者の方々に開発プロセスに参画いただき、当社とともに新しい価値を生み出す「共創」を行う「当事者参画型開発」を進めてまいります。


▼オープンイノベーション・プロジェクトの詳細はこちら


▼本取組はウェブメディア「なかまぁる」でも取り上げていただいております。

※「なかまぁる」は、「認知症当事者とともにつくる」をコンセプトに、朝日新聞社(The Asahi Shimbun Company)が2018年に立ち上げたウェブメディアです。

Comments


bottom of page